寄稿・翻訳一覧

%alt% %alt% %alt% %alt% %alt%

寄稿・翻訳一覧

特集「いざ東京大会へ!諸国スポーツ文化から見る日本のスポーツの道しるべ」PART❹「いったいどうなってるの?ドイツに根付く地域スポーツクラブの理由」(Sport Japan2020年1・2月号)

特集「2020年のドリブル学」 「コーディネーションの9要素と判断基準の理解でドリブルは上達する」(サッカークリニック2020年1月号)

イノベーション特集「スポーツの新ビジネス」日本でいかに地域のスポーツ活動を活性していくか「今、ドイツから学べること」(事業構想2019年10月号)

特集「ファーストタッチ改善白書」 ドイツ流コーディネーション練習で改善「習得ポイントを押さえて上達を目指す。計画を持って一つひとつのタッチに臨む」(サッカークリニック2019年9月号)

特集「ポジショニングを考える」 ドイツに学ぶ守備のポジショニング修正「1人目が相手を誘導し、2人目が奪う。状況によっては内側に誘い、2人で挟む」(サッカークリニック2019年2月号)

特集「サッカー・ワードを解き明かす:『球際』」 「『球際』という言葉を都合良く使わない。『1対1』とし、対人練習の強度を高める」(サッカークリニック2018年8月号)

ドイツサッカー協会育成強化本「ジュニアサッカー指導の手順と練習法(Kinderfußball: Ausbilden mit Konzept 1・Bambinis, F- und E-Junioren)」(東邦出版)

特別リポート 連続写真で学ぶ ドイツ流の「1対2の守備戦術」1人ではなく、2人以上でボールを奪う楽しさを知ろう(サッカークリニック2018年1月号)

特集「守備力を高めよう!」連続写真で学ぶ ドイツ流の「1対1の守備戦術」 「サイドで『1対1』の数的同数なら、相手をボールごとタッチラインで挟む」(サッカークリニック2017年12月号)

愛されるクラブの条件 ドイツのスポーツクラブ運営を支える「地域」の力と人を集める「指導者」の力(Sports Japan2017年9・10月号)

講習会リポート ドイツ仕込みの「コーディネーション・トレーニング」を学ぶ 「サッカーでは状況認識が必要。走るスピードよりも判断が大切になる」(サッカークリニック2017年6月号)

誌上再現リポート 実技講習会から学ぶ「ドイツの知将シャーフ氏」の考え 「各ゾーンに応じて必要なプレーを理解し、スピード感とパワーを養っていく」(サッカークリニック2017年2月号)

特別企画 アスリートが地域を変える〜健康・教育・ビジネスへのインパクト〜 今、ドイツから学べること 総合型地域スポーツクラブの運営(月刊「事業構想2016年1月号」)

ドイツサッカー協会指導強化DVD「『ボールを重視』した守備(Modernes Verteidigen)」個人戦術、グループ戦術、チーム戦術(ジャパンライム株式会社)

ジグソーパズルで考える「総合型地域スポーツクラブ」 海外スポーツクラブ事情 ドイツのクラブライフの楽しさ(大修館書店)

海外の人々はスポーツとどう付き合っているか?「ドイツ人の地域スポーツクラブとの関わり」(体育科教育2004年1月号)